2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


new category profile
27 Friday
Bella Lune「Tranzendance」



希代の歌姫Fuchsia嬢が率いるGothic-Synth/Dream-PopユニットBella Luneが、最新アルバム「Tranzendance」をリリース★
際立つFuchsia嬢のエンジェリック・ボイス。
メランコリーな旋律はげに美しく、神話やおとぎ話にでも出てくるような幻想性を醸し出す。
より楽曲の幅も広がり、前作までは生バンド・サウンドにこだわった作りだったが、最新アルバム「Tranzendance」では、メロディアスでポップなエレクトロ・サウンドに比重を置いた作風になっている。
特に、「Intoxicated」あたりは、Synth-Popライクなポップでキャッチーなサウンド・メイクで今までにない色彩を見せ付ける。
勿論、Bella Luneらしい陰のあるDarkwave/Gothicな世界観も存在し、ダーク・ファンタジックな音像も展開する。
実にカラフルな最新作「Tranzendance」★
是非、ご一聴を。

Fuchsia (vocals)
Hurley (synth/bass)
R. Duke (drums)
Beeka (violin)
Dy (guitar)

試聴はこちらで。

http://bellalune.bandcamp.com/album/tranzendance



Bella LuneTranzendance
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Onward (05:22)(My Favourite Song!)
02. Intoxicated (04:01)
03. Cease To Exist (03:52)
04. A Mission (04:28)
05. Don't Wake Me Up (03:56)
06. Effective Immediately (04:52)
07. Lost (04:27)
08. This Is It (03:23)
09. While I'm Waiting (03:52)
10. Easier Said Than Done (04:27)
11. Hollow Hearts (Dystonix Mix) (06:22)
12. Without You (23:42)




24 Friday
Sins Of The Siren「Sins Of The Siren」



US Electro-Goth/DarkwaveユニットSins Of The Sirenが、セルフ・タイトルとなる最新アルバム「Sins Of The Siren」をリリース★
Switchblade SymphonyThe Birthday MassacreBella Luneらといったダーク・メルヘンな音世界を展開するアーティストに影響を受けたサウンドは、Electro-Goth/Darkwaveをベースに、Electro-Industrial/Gothic-Rock/Trip-Hop/Down-Tempoなフレーバーを効かせた美しき闇の幻想歌と言えるだろう。
特筆すべきは、Lizzy Obscura嬢の可憐で美しいエンジェリック・ボイスだろう。
妖艶な悪女から、華麗な歌姫まで、声音を操る魔性のディーバとも言える。
サウンド的には、まだまだ発展途上の感は否めないが、ポテンシャルの高さを見せつけるトラックの数々に期待値はかなり高い。
今後の動向に注目したいニュー・カマーSins Of The Siren、要チェック!!!

試聴はこちらで。
http://sinsofthesiren.bandcamp.com/album/sins-of-the-siren



Sins Of The SirenSins Of The Siren
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. The Ghost Of Me  04:49  
02. Luxuria  04:52(My Favourite Song!
03. Broken  04:08  
04. Crashing Down  03:59  
05. Hole In My Soul  04:01  
06. Death The Hero  03:36  
07. Be My Stranger  03:30  
08. Graveyard Of Memories  05:09  
09. My Soul For You  04:16  
10. Guilt  03:44  
11. Pharaoh's Lullabye  03:52  
12. Lunar Kiss  03:46 
 




05 Sunday
Bella Lune「Secrets」



Fuchsia嬢率いるGothic/Darkwave/Dream-PopバンドBella Luneが待望のサード・アルバムとなる「Secrets」をAetheria Musicよりリリース★
デビュー・アルバム「Abstracted Visions」、セカンド・アルバム「Synesthesia」と常に気品漂う美しきゴシック・ワールドを、その稀有なエンジェリック・ボイスで奏でてきたFuchsia嬢。
本作「Secrets」でも、目麗しき闇の音世界をGothic/Darkwave/Dream-Popといったサウンドで展開する。
メランコリックなギター・サウンド、幻想的なPad音、そして、絶大な存在感を持つ独特の浮遊感と透明感、時に淫らな悪女のように歌うキュートな歌姫Fuchsia嬢。
そのすべてのパーツが組み合わさり、広がっていくBella Luneサウンドは、まさにダーク・ファンタスティック&ミステリアスな魅力が詰まった魔法の媚薬だ。
文句なしの★5つ。
2013年ベスト・アルバム入り決定の傑作だ!!!!!

Fuchsia (vocals)
Kal3id (guitar)
Hurley (synth/bass)
R. Duke (drums)
Beeka (violin)
Dy (guitar)

試聴はこちらで。
http://bellalune.net/



Bella LuneSecrets
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Hollow Hearts
02. The Biggest Lies  
03. Utopian Dream(My Favourite Song!)
04. The Afterglow
05. The Wrong Way Home
06. Common Consciousness
07. Another
08. Take A Stand
09. Transmissions (Live Mix)




25 Monday
Bella Lune最新アルバム情報!!



待望の最新アルバム「Secrets」をリリースするBella Luneのリリース告知でございます★
今回、Bella LuneFuchsia嬢のご協力のもと、告知させていただきます。
是非、この機会にお求めあれ!!
只今、絶賛、予約受付中!!
 
BELLA LUNE (Darkwave/Post Punk/Dreampop)
Third Studio Album "Secrets" Available 4/6/13! 

It's angelic. It's devilish. It's spellbinding. It is the third album from American Darkwave/Post Punk/Dreampop band, Bella Lune. The follow-up to their 2010 album, "Synesthesia," the band's latest effort, "Secrets," will take you on the most wonderful, magical dream you have ever had. 

Lead by singer Fuchsia's enchanting siren like vocals, the album features 9 tracks that interlace post punk and shoegaze sensibility with EBM, gothic rock, cold wave and electro pop sounds. Beautiful layers of guitars, somber strings and catchy synth lines are propelled by driving bass synths and drum machines, creating cold and vast soundscapes for those who roam the more emotional side of music. 

The band finished up the album immediately upon returning home from their first European tour in October of 2012. For the first time in Bella Lune history, all of the live members have contributed performances to the album "Secrets". It will be released at Bella Lune's CD Release Show at Hollywood Alley in Mesa, AZ on 4/6/13. The band will take the stage for a live performance at 11:30pm. The event will also feature performances by Official Version, Fate Of The Galaxies and DJ Beautiful John. 

"Secrets" will be available on CD after 4/6/13. Pre-orders through 4/5/13 on bellalune.net will receive a free show ticket or poster. The release will also be available through iTunes and all other digital music outlets.  

About Bella Lune: 
Fuchsia & Kal3id wrote & produced their debut album "Abstracted Visions" between 2005-2007. The first CD was released in 2008 when Bella Lune became a live band. Bella Lune toured in Japan and California in 2010. They also released their second full length album "Synesthesia" in 2010, which was followed by the 9 track "Ophelia Maxi-Single" in 2011. The band toured in Europe for the first time in October of 2012. The third full length studio album "Secrets" is set for release in April of 2013. Bella Lune has shared the stage with everyone from Peter Murphy to Ohgr, Covenant, Nitzer Ebb, My Life With The Thrill Kill Kult, The Cruxshadows, Ayria, Voltaire and Icon Of Coil. They have five music videos, which can be seen on their youtube page. They have been on several compilation CDs including Side-Line magazine's Face The Beat Vol. 1 and Gothic Magazine's Compilation 54. They donate their talents and energy to charities including Childhelp, Locks Of Love, Halo Animal Rescue and more. To be continued... 

For more information about Bella Lune, please email info [at] bellalune [dot] net. 

Official Website: http://bellalune.net




11 Tuesday
Bella Lune「Ophelia」



2010年、2nd Album「Synesthesia」をリリースしたBella Luneが、収録曲である「Ophelia」にスポット・ライトを当てたMaxi Singleをリリース★
美しいメランコリックな色彩が広がる、闇の世界をDark Wave/Electro-Goth/Gothic-Rockサウンドでドラマティックに繰り広げ、幻想性特有のミステリアスで透明な空気感をDream-Pop/Trip-Hop/Shoegazeサウンドで壮大に表現し、そのクオリティの高い楽曲性で高い評価を受けた「Synesthesia」。
その収録曲であるタイトル・トラック「Ophelia」を初め、「This and the Other」、「The Dolly Pop Song」のMixトラックと、1st Album「Abstracted Visions」の収録曲「Blissful Escape」、「Silent and Still」、「Underwater」のMixトラックを収録。
個人的にオススメしたいのが、音の錬金術師と異名をとるDaniel MyerによるMixトラック「Blissful Escape」だ。
また、Jason AlacrityによるMixトラック「Silent and Still (The Alacrity Mix)」は、繊細で緻密なIDM/Electronicaなテイストを加え、トラディショナルなGothic-Rockのメランコリックなギターの旋律とが、見事に絡み合い、別次元のBella Luneサウンドを聴かせてくれるだろう。
やはり、際立つのは、天使の歌声を持つ希代のボーカリストFuchsia嬢の歌声だろうか。
綿毛のような浮遊感を伴ったエンジェリック・ボイスで、ダーク・ファンタスティックな音世界を感情豊かに表現する真の歌姫。
ボーナス・トラックとして、Joy Divisionのカバー・ソング「Dead Souls」を収録。
Bella Luneファンは、是が非でも入手したい素敵なMaxi Singleだ。

Fuchsia (vocals)
Hurley (synth/bass)
R. Duke (drums)
Kal3id (guitars)
Beeka (violin)
Dy (guitars)

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/bellalune


 
Bella LuneOphelia
★★★★★(★・・・5点満点)

1. Ophelia (Video Mix) 4:02
2. Ophelia (Riddles & Rhymes Mix) 3:45 
3. Blissful Escape (Daniel Myer Mix) 6:04(My Favourite Song!)   
4. This and the Other (Dystonix Mix) 5:27   
5. The Dolly Pop Song (Deviate Mix) 5:09  
6. Silent and Still (The Alacrity Mix) 7:18 
7. Dead Souls (Joy Division Cover) 4:48
8. Ophelia (Ask For Joy Mix) 4:32
9. Underwater (The Captives Mix) 4:35 




29 Sunday
Bella Lune「Synesthesia」



記念すべき来日公演も果たしたFuchsia嬢とKal3idによるBella Luneが、待望の最新アルバム「Synesthesia」をリリース☆
昨年には、Michael WooleyとのユニットDreamgazeのデビュー・アルバム「Sound Colour」をリリースしたばかりのFuchsia嬢。
最新作「Synesthesia」では、Dark Wave/Electro-Goth/Gothic-Rockなテイストが色濃く感じられる、非常にメランコリックな作品に仕上がっている。
勿論、前作におけるDream-Pop/Trip-Hop/Shoegazeといったフレーバーも効かせているが、ゴシック・サウンドの濃淡が前作よりハッキリとしているのだ。
エンジェリック・ボイスを操る妖艶の歌姫Fuchsia嬢と、以前より生音が多くなり、よりバンド・サウンド寄りになったBella Luneサウンド。
特に、Kal3idが奏でるギターのダーク&メランコリックな旋律は、もの悲しく、そして美しい。

仄暗い幻想美・・・・・・それは、世にも不思議なビューティフル・ナイトメア

浮遊感を伴ったFuchsia嬢の歌声と、暗黒美旋律が宙空を舞い、リスナーは眩暈にも似た感覚に溺れる事だろう。
それは、Bella Luneが放ったサウンド・マジック♪♪

Fuchsia - Studio: Vocals, Guitar, Bass, Synth, Drums, Production. Live: Vocals and Guitar
Kal3id - Studio: Guitar, Synth, Drums, Production. Live: Guitar

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/bellalune



Bella LuneSynesthesia
★★★★★(★・・・5点満点)

1. Denial 5:40(My Favourite Song!)
2. This and the Other 3:37  
3. Ophelia 3:53 
4. A Different Effect 3:18  
5. Who Knows 3:50 
6. Illogical Logic 5:00  
7. No Escape 5:36 
8. The Dolly Pop Song 4:36 
9. Spiral Effect 3:38  
10. Unanswered Questions 4:16  
11. Last Words 4:08  
12. So Long Ago 5:04   
13. The Finite One 4:16  
14. Silent and Still (Black Jacket Remix) 5:39




11 Thursday
Bella Luna 来日情報!!



当ブログでも、何度かご紹介しているUS Electro-Goth/Trip-HopeユニットBella Luneがついに初来日!!
3月27日の都内で行われるインダストリアル・イベントMidnight★Mess vs. [OVERFUSED?]に登場!!
キュートな歌姫Fuchsia嬢による幻想的な音世界がそこに!!
この機会をお見逃し無く!!

詳細はこちらでご覧いただけます。
http://mayax.sakura.ne.jp/

 




23 Monday
Dreamgaze「Sound Colour」



「2009年のNo.1作品に出会ったと確信した傑作!!」


2008年度のベスト・アルバム1位に選んだ、妖艶な歌姫Fuchsia嬢率いるユニットBella Lune
そのFuchsia嬢が、Michael Wooleyというパートナーを得て、2008年5月よりスタートさせた新プロジェクトDreamgazeがデビュー・アルバムとなる「Sound Colour」をリリース☆
Bella Luneというユニットで奏でられたサウンドは、妖艶な小悪魔と光り輝く天使の両面の魅力を持っていた幻想的な音世界でした。
Dreamgazeでは、同じ幻想性を持つものの、森の妖精が奏でる大自然のリラクゼーション・ミュージックという印象を持ちました。
Michael Wooleyが加わったことによって、Bella Luneには見られなかった、気だるさのあるアコースティックなギター・サウンドやベースといった生音が顕著となり、クオリティ高いDream-Pop/Trip-Hop/Shoegaze/Darkwaveサウンドをバックに、「Sound Colour」というタイトルが示すとおり、色彩豊かな楽曲で構成されています。
Sound Colour」という名の12の物語に、そっと耳を澄ませ、ゆったりと意識をその音世界へ浮遊させるのです。
Fuchsia嬢の透明感のあるボーカルは、時に子供のように、時に天使のように、時に小悪魔のように変化します♪♪
聴き終えた時、深い感動と何とも言えぬ安らぎが私の心を包んでいます。
全く文句のつけようの無い傑作、それがDreamgazeのデビュー・アルバム「Sound Colour」なのです。

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/dreamgazeband



DreamgazeSound Colour
★★★★★(★・・・5点満点)

1.Sincerity 5:26 
2.Dark Slow Deep 4:28
3.Stargazer 3:41(My Favourite Song!
4.Graveyard Kiss 6:24  
5.Before Ruin 3:50 
6.Shadow Walk 4:28   
7.Soft Places 4:43   
8.City Of Lies 4:30   
9.Faces In The Rain 5:06   
10.Wasteland 5:06 
11.She Whispers Silently 4:09 
12.Weeping Willow 5:40




08 Thursday
Bella Luna 最新PV「Blissful Escape」

Bella Lune - Blissful Escape from Bella Lune on Vimeo.

2008年のベスト・アルバム1位の栄冠に輝いた、妖艶な歌姫Fuchsia嬢率いるユニットBella Lune
最新PV「Blissful Escape」を公開中!!
フェティッシュなイメージのPVに仕上がっており、Fuchsia嬢の美しさとボーカルにノック・ダウン!!
是非、その麗しきElectro-Gothの世界へ。




19 Wednesday
Wintry「Atmosphere Around Us」


The 3 Cold MenIndividual Industryのメンバーとして知られるAlex Twinが、かつてObsc(y)reのボーカリストとして活躍していた女性シンガーAnne Goldackerを迎え、新プロジェクトWintryを始動。
そして、ついに待望のデビュー・アルバム「Atmosphere Around Us」をリリース★
Dead Can DanceDeleriumの狭間を行く、Electro-Goth/Darkwave/Trip-Hopをベースに、冷たい幻想的な音世界を展開している。
まるで、闇夜の雪原に一人歌う歌姫Anne Goldacker嬢の姿が脳裏に浮かぶ。
そんなメランコリックなファンタジーを抱かせる魅力がWintryにある。
CollideDeep RedBella Luneあたりが好きな人は、要チェックのアーティストだ。

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/wintrybrazil



WintryAtmosphere Around Us
★★★☆☆(★・・・5点満点)

1. Cinema of Soul(My Favourite Song!)
2. Voices
3. Time
4. True Lies
5. Unreale Welt
6. Burning Soul
7. Atmosphere Around Us
8. Drowned
9. Dont Give Away Your Dreams
10. Words




13 Monday
Bella Lune 最新PV「Transmissions」


Bella Lune - Transmissions Music Video from Bella Lune on Vimeo.

2008年のベスト・アルバム1位に選出したBella Luneが、デビュー・アルバム「Abstracted Visions」の収録曲「Transmissions」の最新PVを公開!!
ミステリアスなElectro-Goth/Dream-Popサウンドをバックに、透明度の高いFuchsia嬢のクリスタル・ボイスが甘く響き渡ります☆
オススメです!!





10 Saturday
2008年ベスト・アルバム発表!!

<2008年ベスト・アルバム>


1.Bella Lune「Abstracted Visions」
www.myspace.com/bellalune 


2.Cindergarden「The Clandestine Experiment」
www.myspace.com/cindergarden 



3.Kiethevez「Non-Binary」
www.myspace.com/kiethevez



4.Agonised By Love「Lovesick Society」
www.myspace.com/agonisedbylove 



5.Collide「Two Headed Monster」
www.myspace.com/collide



6.Krystal System「Underground」
www.myspace.com/krystalfoundation



7.Frightdoll「Assimilation Illusion」
www.myspace.com/frightdoll



8.Sadman「Cold in the State of Me」
www.myspace.com/sadmanmusic



9.Psy'aviah「Entertainment Industries」
www.myspace.com/psyaviah 



10.Run Level Zero「Arctic Noise」
www.myspace.com/rlzmusic


2008年でリリースされた作品の中で、特に印象に残ったのが、Female Vocalユニットの躍進ぶりだろう。
2008年の個人的な嗜好として、攻撃的なエレクトロ・ビートと、パワフルなリズム隊による"踊らせる"音楽よりも、美しく印象的なメロディと、完成された世界観による"聴かせる"音楽に比重が大きくなった。
裏返せば、それだけ、良質の"聴かせる"作品が多くリリースされていたことの証でもある。
その"聴かせる"作品の中で、Bella LuneAbstracted Visions」、CindergardenThe Clandestine Experiment」は、まさに他の追随を許さない、歴史的な名盤といっても過言ではない。
甘く透明感のあるFuchsia嬢の天使のような歌声と、Dream-Pop/Trip-Hop/Shoegaze/Darkwave/Electro-Gothといった要素を組み合わせた幻想的な音世界は、今まで体験したことのない甘美な魅力に満ちている。
今後、もっとも期待されるアーティストだろう。
そして、Cindergardenの「The Clandestine Experiment」は、ミステリアスな雰囲気を纏ったダウナーなElectro-Goth/Darkwaveワールドを展開。
緻密にして、繊細に創り上げられたサウンドは、Jaymie Valentine嬢のソングライティングの才能の高さを如実に感じ取れるハイ・クオリティさだ。
ベルギーの人気レーベルAlfa Matrixから、今までのデビューしたアーティストとはちょっと毛色の変わった新人バンドがランクイン。
Krystal SystemUnderground」と、Psy'aviahEntertainment Industries」である。
両バンドとも、非常にクールなエレクトロ・サウンドと、Coldwave/Industrial-Rock/New Waveといったサウンドを融合し、バンドの個性を充分発揮したデビュー作を発表した。
また、ベテランElectro-Goth/DarkwaveユニットCollideの新作「Two Headed Monster」は、まさに貫禄漂う魅惑的なゴシック・ワールドを展開している。
7位のFrightdollAssimilation Illusion」は、彼女の二作目となる作品だったが、デビュー・アルバムとは比較にならないほどのバラエティに富んだ作品で、その飛躍的に成長した楽曲性の高さに驚かされた。
Synth-Pop勢では、KiethevezNon-Binary」、SadmanCold in the State of Me」といった哀愁系のメロが印象的な、しっとりと"聴かせる"静的Synth-Popサウンドを特長とする2バンドを選出させてもらった。
加えて、Darkwave/Gothicテイストが薫るNew Romantic band、Agonised By LoveLovesick Society」もバラエティに富んだアルバムで非常に楽しめた一作だった。
最後に、EBM勢で唯一ランクインしたのが、年頭にリリースされたRun Level ZeroArctic Noise」が未だに印象深い。
硬質感たっぷりのダークなEBMだが、その異質に歪んだ圧倒的な世界観と、クオリティの高い楽曲が絶妙にミックスした稀有な作品に、当時、ヘビーローテーションで耽溺した。
残念ながら、Dark-Electro/Terror-EBM勢では前述した10組のアーティストを押し退けての力作になかなか出会えず、一抹の寂しさを感じた。
大物バンドのリリースがない中、新人バンドも多く輩出されたが、いずれの作品も少々画一的な感が否めず、突出した作品がなかった。
インパクト重視とも言える昨今のダーク・トランス全盛のDark-Electro/Terror-EBMサウンドは、耳の肥えたリスナーにとって、既に物足りないものになっているのかも知れない。
その中でも、我が日本のインダストリアル界が誇るJapanese Dark-ElectroユニットDEMONOID 13の最新アルバム「Death To The Vulgar Lord」は、中世の暗黒時代における、悪魔崇拝や魔女狩りといったある種の宗教的な恐怖感を催すサウンドは、海外の主要なDark-Electro作品と比較しても全く遜色なく、寧ろ、そのインパクトはNo.1だったかもしれない。
そして、今までベスト1の座を死守してきた、私が神と崇め奉るLeaether Stripの「Civil Disobedience 3CD Limited」、「Retention No. 2 (Science for the Satanic Citizen CD + Science for the Satanic Spawn CD)」の2作品が圏外というのも、個人的な嗜好の変化もあるのだろうが、今までのインダストリアル界になかった質の高い"聴かせる"作品が多かったという証なのかもしれない。
果たして、2009年はどんな作品に出会えるのか、とても楽しみだ。
 
                                                                                                        Bloodline242




25 Thursday
Frightdoll「Assimilation Illusion」



2007年、「Reference Version」でデビューを飾ったFemale Solo Project、Frightdollが待望のセカンド・アルバム「Assimilation Illusion」をリリース☆
デビュー当時、"Future-Pop/EBM路線のEmilie Autumn"といった形容で、そのサウンドを表現されていたが、果たして、最新作「Assimilation Illusion」では!?
驚きは、オープニング・ナンバー「Lost」で訪れる。
音数の少ないシンセ・ピアノをメインに、美しい旋律をバックに、ウィスパー気味のボーカルが切なく響き渡る。
2曲目からは、ファースト・アルバム「Reference Version」をフォロー・アップさせたかのような、非常にソリッド感のある、アタック感の強いDark-Electro/Electro-Gothサウンドを展開。
特に、5曲目「Controverse (Assimilation Illusion Version)」では、あのUnter Nullを思わせるバイオレンスなボーカルで狂女のように歌い狂う。
一転して、7曲目「Distant」では、悲哀感が漂うElectro-Gothなナンバーで、一気に熱くなったテンションをクール・ダウン。
10曲目「Endings」・・・・・・Break Core+Electro-Gothの融合。その狂おしいまでに切ないメロディに、胸が締め付けられそうだ。
ラスト・ナンバー「Sweet Serenity」にて、再び、オープニング・ナンバー「Lost」のような、ピアノ・シンセとストリングスによる不穏且つメランコリックなダーク・バラードで幕を閉じる。
2008年度を振り返ってみると、なんともFemale Vocalのユニットの躍動振りが際立った年とも言えるだろう。
今回ご紹介したFrightdollは勿論、Bella LuneCindergardenKrystal SystemChiasmPsy’AviahAyriaなど数多くのアーティストが新作やデビュー作をリリースし、高評価を得ている。個人的な評価としても、かなりの割合で2008年のベスト・アルバムに、上記のFemale Vocal勢が占めそうだ。

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/frightdoll



FrightdollAssimilation Illusion
★★★★☆(★・・・5点満点)

Tracklist: 01. Lost
02. Alone in this
03. Caused
04. Evolution
05. Controverse
06. Indecision
07. Distant
08. Leaving You
09. Generate
10. Endings (Assimilation Illusion Version)( My Favourite Song!)
11. Sweet Serenity




21 Friday
Bella Lune 最新PV「Neverwhere」

Bella Lune 最新PV「Neverwhere

今年の新人アーティストの中では、ダントツのトップの評価をしているElectro-Goth/Trip-HopユニットBella Luneが、初となるPV「Neverwhere」を配信を開始しました★ ミステリアスなボーカルでリスナーを魅了するFuchsia嬢の魅力が最大限に生かされたPVになっております。
既に、2008年度ベスト・アルバム入り決定しているBella Luneのデビュー・アルバム「Abstracted Visions」。
まさしく傑作です!!




07 Monday
2008年度上半期ベスト10

2008年度上半期ベスト10


1.Leaether StripCivil Disobedience
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=469


2.Run Level ZeroArctic Noise
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=319


3.Agonised By LoveLovesick Society
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=505


4.KiethevezNon-Binary
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=532


5.SadmanCold in the State of Me
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=526


6.Universal PoplabSeeds
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=472


7.Bella LuneAbstracted Visions
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=429


8.WavefallHeartstarter
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=406


9.Solar FakeBroken Grid
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=381


10.Nebula-HRH
http://bloodline242.jugem.jp/?eid=509



2008年度上半期のベスト10の発表でございます。1位のLeaether StripCivil Disobedience」最新作は、文句なしの怪作。個人的なファン心理も手伝って、不動の1位です。
2位のRun Level ZeroArctic Noise」は、幅の広いEBM作品として、聴き易さも含めて、かなりのクオリティの高さに狂喜しました。
3位Agonised By LoveLovesick Society」、4位KiethevezNon-Binary」、5位SadmanCold in the State of Me」は、同様に同じような作品なのですが、今年の個人的な嗜好として、激しさよりも穏やかさ、メランコリーなメロディが秀逸な作品に惹かれています。いずれもデペッシュ・モードを髣髴とさせる、哀愁感漂うElectroな世界に魅せられた3作品です。
6位Universal PoplabSeeds」は、3・4・5位とは真逆のキャッチー&ポップなSynth-Popサウンドに、メロメロでした。
7位のBella LuneAbstracted Visions」は、繊細で美しいTrip-Hop/Electro-Gothなサウンドと流麗華麗な女性ボーカルが絶妙に絡み合った傑作。
8位のWavefallHeartstarter」は、唯一、Dark-ElectroテイストのあるElectro作品ですが、個人的に昨今のDark-Electro/Terror-EBM作品に頭打ちのようなものを感じており、アーティストそれぞれ個性を打ち出すも伸び悩んでいる印象を拭い切れません、
9位のSolar FakeBroken Grid」は、攻撃的なElectroサウンドやGothicテイスト漂うメロディアスな楽曲など、そのバリエーションの豊かなアルバム全体のクオリティの高さにベスト10入りです。
10位のNebula-HRH」は、完成度の高いFRONT 242ばりのソリッド且つヘビーなElectro/EBMサウンドと、Trip-HopやElectro-Clashといった新たなエッセンスを盛り込んだ意欲作でした。

あなたの上半期ベスト作品は、どんな作品がありますか?




14 Monday
Bella Lune「Abstracted Visions」



「それは、魂を揺さぶる魅惑の幻想的音世界・・・」

アリゾナを拠点に活動するBella Luneがデビュー・アルバム「Abstracted Visions」をリリース☆
そのサウンドは、Dream-Pop/Trip-Hop/Shoegaze/Darkwave/Electro-Gothといった要素を融合させたサウンドである。
Fuchsia嬢の歌声は、まさしく目麗しき天使のごとく、バックを埋めるサウンドは、クリスタル細工のように、美しく、儚く、繊細で、魅惑の輝きを放つ幻想的な音世界を構築しています。
それは、Switchblade Symphony meets The Birthday Massacreと評するに値する完成度の高い音楽性であり、私が今年、聴いてきた数多の作品の中で、恐らく1位・2位を争う傑作として評価しています。
是非、一人でも多くの人に聴いて欲しいアーティストです。
CollideHungry LucyThe Birthday MassacreSwitchblade Symphonyファンは、絶対、聴いて欲しい作品です。

Fuchsia: Vocals, Guitars, Bass, Lyrics, Drums, Keyboards, Composition, Production

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/bellalune

CDのお求めはこちらで。
http://bellalune.net/


Bella LuneAbstracted Visions
★★★★★(★・・・5点満点)

1. Out of Control( My Favourite Song!)
2. Transmissions
3. Never Where
4. Underwater
5. Full Moon on a Half Night
6. Silent and Still
7. Interlude
8. Blissful Escape
9. Coil
10. Don’t Walk Away
11. A Recurring Dream
12. Moonbow




archive