Dead When I Found Her「All The Way Down」



Skinny Puppyの確信的模倣犯Dead When I Found Herが、待望の最新アルバム「All The Way Down」をArtoffact Recordsよりリリース★
デビュー当時より、あまりにも完成度の高いSkinny Puppy系サウンド・メイクっぷりに、すべてのインダストリアル・ファンが感嘆させられたMichael Arthur Hollowayのソロ・ユニット。
オドロオドロしく不気味なHorror-Electro/Electro-Industrialサウンドは、80年代Skinny Puppyサウンドを模倣するジャンクなインダストリアル・サウンド。
恐怖心を巧みに扇情する不穏なる音像は、時に美しく悲哀的なメロディを奏で、時に狂気を孕んだブルータルな様相も呈する。
Ambient/IDMタッチのテイストをインプラントした「Threadbare」や「Misericordia」では、リスナーはいつの間にか幻想的な悪夢の中を夢遊する。
深層心理まで侵蝕していくおぞましい闇の音が木霊するDead When I Found Her最新作「All The Way Down」。
2015年ベスト・アルバム入り決定の怪作の登場に歓喜!!!!

試聴はこちらで。
http://deadwhenifoundher.bandcamp.com/album/all-the-way-down



Dead When I Found Her「All The Way Down」
★★★★★(★・・・5点満点)

CD1
01. Expiring Time(My Favourite Song!
02. The Unclean
03. Threadbare
04. Gathering Fear
05. Downpour
06. Misericordia
07. Blood Lesson
08. Seeing Red
09. The Noise Above Us
10. At Rest

CD2
01. New Drugs
02. Heavenly Bodies
03. The Bottom
04. Spitting Seeds
05. So Cold
06. You Know What You Are

 

| Horror-Electro/EBM | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

Necro Facility「Waste」



Oscar HolterHenrik BäckströmによるSwedish EBM/Horror-ElectroユニットNecro Facilityが、ロシア限定でリリースしたベスト・アルバム「Waste」★
デビュー・アルバム「The Black Paintings」、2nd「The Room」、3nd「Wintermute」の3枚のアルバムから厳選されたトラックと、新曲「Waste」及びRemixトラックを収録したものだ。
デビュー当時より、確信犯とも言えるSkinny Puppyサウンドを模倣した世界観は、その完成度の高さサウンド・メイクっぶりに驚嘆を禁じえなかった。
Skinny Puppyの代名詞とも言えるオドロオドロしさや不気味さをものの見事に表現した音世界は、ただただ魅了され、作品を重ねるにあたって、スタイリッシュさやメロディアスな一面を徐々に覗かせてきた。
そんなNecro Facilityの音の変遷も、ダイジェスト版ではあるが一枚の作品で実感出来る本作「Waste」。
死臭漂うEBM/Horror-Electroサウンドを、是非、悪夢で魘される程ご堪能頂きたい。

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/NecroFacility/timeline



Necro FacilityWaste
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Waste(My Favourite Song!)   
02. Do You Feel The Same
03. Tuxedo
04. Cuts
05. You Want It
06. Nursed
07. Kite
08. Downstairs
09. Supposed
10. Dogma
11. Intense
12. Skrik
13. Methane View
14. Explode (Ka-Pow Remix)
15. Nursed (Playdo Remix)
16. Dissolving Angle (Exclusive Remix)
17. Anubis (Sidekick Mix By Interlace)

| Horror-Electro/EBM | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

R010R「Daybreak」



Michael RenfieldによるEBM/Electro-IndustrialユニットR010Rが最新シングル「Daybreak」をBasic Unit Productionsよりリリースした★
昨年リリースしたEP「Urban Renewal Program EP」では、メタルパーカッションを多用した硬質感のあるHard EBMサウンドを展開したR010Rだが、最新シングル「Daybreak」では、まるでSkinny Puppyの怨念が憑依したかのような、オドロオドロしいHorror-Electro然とした作風。
Experimental/Electro-Industrial/Dubstepなエレメントを木目細かく念入りに組み込み、実にダークでヘビーなアトモスフィアを醸し出す。
また、同じく技巧派EBMユニットとして知られるBrain LeisureのRemixが収録されている点も貴重だ。
不気味で奇怪なサウンドスケープをバックに、鬱々と歌うMichael Renfield
素晴らしい。
何度も何度も繰り返し聴いてしまう。
息苦しくなるほどの閉塞感を産み出すナイトメアがここに。
そう。
決して、醒める事の叶わない魔性の夢。。。

試聴はこちらで。
http://basicunitproductions.bandcamp.com/album/daybreak



R010RDaybreak
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Daybreak 04:58(My Favourite Song!
02. Prisoner 04:30 
03. Daybreak (Remix by Brain Leisure) 

| Horror-Electro/EBM | 00:01 | comments(1) | trackbacks(0) |

| 1/1PAGES |