2018/01

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


new category profile
04 Tuesday
Inertia「Existential」




通算12作目となる最新アルバム「Existential」をMetropolis RecordsよりリリースしたBritish Electro-Industrial/EBMユニットInertia
先行シングル「Dark Valentine」で魅せ付けた、非常にメランコリックなダーク・メロディ重視のEBM/Electro/Darkwave/Industrial-Rockサウンドを展開。
美しくも哀愁漂う旋律で耳朶に響き渡り、さながらDepeche Modeを髣髴とさせる洗練されたエレクトロ・サウンドを体感することが出来る。
Reza Udhinを中心に、キーボディストには、SwarfAndrew Lowlifeが、そして、ギタリストには、あのミクスチャー・ロックバンドEMFTim Stephensが脇を固める布陣だ。
特に、「Metal Strike」では、ドラマティックなストリングスによるシンフォニックなインスト・トラックに仕上がっており、アルバム全体の雰囲気をより趣深いモノに仕上げている。
ハーモナイズな歌声と、闇色の旋律のキラメキが印象的なInertia最新アルバム「Existential」★
素敵な一作です。



試聴はこちらで。

http://metropolisrecords.bandcamp.com/album/existential





InertiaExistential
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Dark Valentine(My Favourite Song!)
02. Stormfront
03. Distant Field
04. Feel Addicted
05. Hang Around
06. Metal Strike
07. Emeralds
08. Hiding
09. Lifetime Legacy
10. Slow Burn




11 Saturday
Deathproof「Set to Smash」



Canadian-American EBM/Industrial-RockユニットDeathproofが、デビュー・アルバム「Set to Smash」をWTII Recordsよりリリース★
Deathproofは、Chris DeMarcus (Front Line Assembly, Stiff Valentine, Dismantled)とJason Bazinet (Front Line Assembly, Sounds of Mass Production, 16volt)による男性デュオ・ユニット。
さらに、Stiff ValentineKerry Petersonと、Left Spine DownGalen Wailingが加わり、本作「Set to Smash」が完成した。
American Industrial-Rock勢のメンバーが終結したかのようなユニットなだけに、サウンド面も凡その想像が出来るだろう。
ベースは、EBM/Electroサウンドだが、Industrial-Rock/Industrial-Metal/Hip-Hop/House Technoといったフレーバーを効かせたハイブリッド型エレクトロ・サウンドを展開。
EBM/Industrial-Rockの融合を果たしたDeathproofデビュー・アルバム「Set to Smash」。
要チェック!!

Chris DeMarcus : producer/singer
Jason Bazinet : drummer/singer
Kerry Peterson : Keyboardist/singer
Galen Wailing : drummer

試聴はこちらで。

http://wtiirecords.bandcamp.com/album/set-to-smash



DeathproofSet to Smash
★★★☆☆(★・・・5点満点)

01. Bloodrush(My Favourite Song!)
02. Streets of Rage II
03. Psychotic Reaction
04. Bitcrush
05. Shitlist
06. Headshot
07. Crypttappa
08. Power
09. Grimetown
10. Set to Smash
11. Headshot Instrumental




26 Monday
Minusheart「Calls From Space」



German EBMユニットMinusheartが、通算3作目となる最新アルバム「Calls From Space」をEchozoneよりリリース★
MinusheartらしいEBM/Electroサウンドをベースに、小気味のいいIndustrial-Rock/New Waveなギター・サウンドをのせ、実にユニークなサウンド・メイクを披露。
Diverのどこか渇きを感じさせる陰鬱なボーカルが、軽快なギターの旋律上を這い、リスナーの鼓膜に焦燥感めいたモノを植えつける。
個人的には、開放感のあるシンセ・サウンドと、グルービーなベースラインが効いた「Spit You Out」がおススメ★
プロデューサーは、The Fair SexLegendary Pink DotsNo Moreといった伝説とも言えるインダストリアル系アーティストのアルバム製作に関わったRamón Creutzer
バンド・サウンド的迫力を伴ったMinusheart最新作「Calls From Space」を是非。

Diver - arrangement, synth, vocals
Vary - bass, guitar, synth, arrangement
Wildhoney - drums
Upstream - keys

試聴はこちらで。
http://echozone.bandcamp.com/album/calls-from-spaceN



MinusheartCalls From Space
★★★☆☆(★・・・5点満点)

01. Say The Word 04:26
02. Alone 05:11  
03. Bad Ask Me 03:56  
04. Sweet Novocaine 03:50
05. Alien Machine 02:50 
06. Hit Me Up 05:33
07. Man On Mars 03:49 
08. Harried Angel 04:27  
09. Spit You Out 05:11(My Favourite Song!)     
10. Song For The Blind 04:25 
11. Tin Man 05:29 
12. Weirdo's Run 03:48 




06 Tuesday
Panic Lift「Awake」



前作「Is This Goodbye?」から、約3年ぶりとなる最新作「Awake」をMetropolis RecordsからリリースしたPanic Lift
デビュー・アルバム「Witness To Our Collapse」における残虐非道のDark-Electroサウンドから完全脱却した前作「Is This Goodbye?」。
メロディ重視のFuture-PopとEBM/Electroの狭間を行くサウンド・メイクと、頽廃的な旋律が際立ったIndustrial-Rock/Altanativeサウンドが効果的に組み合わさったハイブリッドな作風へとシフト・チェンジした作品だった。
Is This Goodbye?」からのシングル・カット的最新作「Awake」だが、前作の方向性そのままに、聴き心地の良さと、若干スパイシーなエレクトロ・サウンドを加味したサウンド・メイクは実に素晴らしい。
空間的な広がりを見せるPad音、美しいピアノの旋律、メランコリックな旋律が際立つギター・サウンド、James Francisの物憂げでメロウな歌声によって紡ぎ出されるタイトル・トラック「Awake」。
シングル・バージョンとなった新録「When Euphoria Ends」や新曲「The Voice」は、Future-Pop/Synth-Pop系のアプローチが顕著なダンサブルなトラックに仕上がっており、「Awake」のモノトーンな色彩とは対照的なポップな色調だ。
前作で見事なメタモルフォーゼを遂げたPanic Liftサウンドの進化を再認識させられる最新作「Awake」を是非。

James Francis - Vocals, Guitars
Dan Platt - Keyboards, Bass
Ben Tourkantonis - Drums

試聴はこちらで。
http://metropolisrecords.bandcamp.com/album/awake



Panic LiftAwake
★★★★☆(★・・・5点満点)

01.Awake  04:52(My Favourite Song!)    
02.When Euphoria Ends (Single Version)  03:24  
03.The Voice  03:44  
04.Awake (Alter Der Ruine Remix)  05:23  
05.When Euphoria Ends (Everything Goes Cold Remix)  04:02  
06.Awake (Heartwire Remix)  04:04  
07.Awake (DeeperNET Remix)  06:04 





13 Sunday
BAK XIII「In Omnia Paratus」



DDDMixTenebrasによるEBM/Electro-PopデュオBAK XIIIが、最新アルバム「In Omnia Paratus」をTENACITY MUSICよりリリース★
Altanative-Rockテイストの小気味のいいギター・サウンドと、EBM系のビート感に、Electro-Popのポップさを混在させたハイブリッド型インダストリアル・サウンドだ。
元々、分類不能のフリー・スタイルとも言えるユニークなサウンド・メイクが特徴的だったBAK XIII
本作「In Omnia Paratus」 で、さらに一気に突き抜けた感がある。
ディスコティックなノリの良さや、スピード感のある軽快なギター・リフ、サビでみせる歌謡曲的なキャッチーさは、ライブでも大盛り上がり必至のポップネス。
8bit系のピコピコ感も交え、やっぱりカテゴライズ無用のオンリーワンなBAK XIIIサウンドが立ち塞がる。
時には、「Falling」のような、ドラマティックなオーケストレーションを交えたメランコリーなトラックも収録。
いやぁー、これは重度の中毒患者を生み出すデンジャラスな一品だ。

試聴はこちらで。
http://tenacity-music.bandcamp.com/album/in-omnia-paratus



BAK XIIIIn Omnia Paratus
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Le Chant du Cygne 05:21(My Favourite Song!)
02. Oh No! 03:37  
03. Happy as Fuck 03:09
04. Eternal Joy 04:07
05. We Are Alone 04:21  
06. The Game 03:37 
07. Falling 04:13
08. Radio Star 03:47 
09. Headbanger 03:26  
10. In The Name Of Religion 03:37 
11. The New Punk 04:37 
12. The Hard Way 03:26 
13. Old Time Depression 04:57
14. The Fool 03:57 



 




archive