2018/07

01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

<< >>


new category profile
18 Wednesday
Cindergarden「Architectures of the Becoming (Double Disc) 」

 

Jaymie Valentine嬢によるソロ・プロジェクトCindergarden。
満を持しての2枚組最新アルバム「Architectures of the Becoming 」 をリリース★
彼女のホームページを伺うと、ハッシュタグ付きで様々な音楽ジャンルが掲載されている。見たことのあるものから、自身の音楽性を形容する造語と思しきものまで種々様々だ。
その中でも、"CrystalGoth"、"EtherealIndustrial"という形容がピッタリと来た。
セルフ・プロデュース力に長けたJaymie Valentine嬢。
作詞・作曲は無論のこと、レコーディングから、プロデュースまで、全て彼女ひとりで行い、常にハイ・クオリティな作品を提供してきた。
初期Gothic/Darkwaveな匂いを漂わせつつ、Ambient/Ethereal/Electro-Goth/Experimental/Witch House/Darkwave/Industrial/Trip-Hop/IDM/Synth-Popといった多くのミュージック・エレメントを錬成させた魔性のマジカル・サウンドが広がる。
全体的に、美しいピアノの旋律と、幻想的なPad音、そして、Jaymie Valentine嬢の美麗な歌声が空間的な広がりを見せ、そこへ様々なミュージック・エレメントが顔を覗かせる。
エレガント且つクーリッシュなエレクトロ・サウンドをバックに、透明感のあるエンジェリック・ボイスから、不気味な魔女を想起させる沈鬱なメランコリック・ボイスまで、千変万化の歌姫としての存在感も際立っている。
Industrialという小宇宙の中で、一際、神秘的な輝きを放つCindergardenという名の光星。
個人的には、Synth-Pop的な側面を持つ「The Light Keeps Calling」のキャッチーさが好み。
また、Glitch Noiseを塗したIndustrial/IDMテイストの「Poseidon Horizon」もイイ。
そして、「Transcendentala」あたりでは、Cindergarden版Industrial/Noise Musicともいうべき作風に仕上がっており、その音楽性のふり幅の広さに一驚喫してしまう。
一曲たりとも聴き逃す事の出来ぬ珠玉の名曲揃いの大作「Architectures of the Becoming 」 ★
要・要・要チェック!!!!!!

 

試聴はこちらで。

https://lookingglassrecords.bandcamp.com/album/architectures-of-the-becoming-double-disc

 

 

Cindergarden「Architectures of the Becoming (Double Disc) 」
★★★★★(★・・・5点満点)

 

01. Arctic Sunset 03:47
02. The Light Keeps Calling 03:13(My Favourite Song!
03. Poseidon Horizon 03:00
04. Darkness Blossoms 04:17
05. Milky Way 9 04:48
06. Angel Aura (feat. Sascha Mario Klein) 05:52
07. Little Satan Star 04:09
08. Lava Flows 03:41
09. Prism Dove 04:22
10. Transcendentala 04:43
11. Alone In Your Stardust 04:04
12. Blissed Kissed 03:37
13. Divine Horses 05:00
14. Big Bang Baby 03:46
15. Contact 04:28
16. Pinnacles 03:45
17. Dreamzone 04:25
18. Pink Afterstorm 04:11
19. Shadow and Moths 04:12
20. Beckoning 04:51




archive