Cellmod「Graveyard of Empires」


Infacted Recordingsより、新たなる刺客Juan Espinosaによるソロ・プロジェクトCellmodが最新アルバム「Graveyard of Empires」をリリース★
EBM/Trance/Industrial/Trip-Hop/Dowm-Tempo/ Tribal/Electronica/IDMなエレメントを収斂させた精巧で美しいエレクトロ・サウンドを展開する。
数多のゲスト・ボーカリストを起用し、Shiv-RのPete Crane、Negative FormatのAlex MatheuとRashree Matson(まだ活動していたのか/汗)、Ien ObliqueのJared Lambert、You ShriekのRaziel Panicといった豪華メンツが勢揃い。
幻想的な音空間を紡ぎ出す技巧派アーティストCellmodによる最新作「Graveyard of Empires」。
時折見せる毒牙「Murderous Beliefs」。
是非、お楽しみあれ。

試聴はこちらで。
http://infactedrecordings.bandcamp.com/album/graveyard-of-empires



Cellmod「Graveyard of Empires」
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Spirits and Geniuses
02. When I’m Gone(My Favourite Song!)
03. The Night
04. Go Away
05. Parable of Consumption
06. Tremor Drum
07. Graveyard of Empires
08. Economy of Movement
09. Disconnected
10. Jackal
11. Murderous Beliefs
12. Breaking Home
13. Stay

| Trance/EBM | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

Ginger Snap5「Snapped By You」



デビュー前より、そのクオリティの高いサウンドで話題となっていたRomeo Sorokaによるソロ・プロジェクトGinger Snap5が待望のフル・アルバム「Snapped By You」をSkyqodeよりリリースした☆
Trance/Futuer-Pop/EBM/Synth-Pop/Industrialサウンドを絶妙にブレンドした極上のポップ&キャッチーなダンス・ミュージックが展開される。
メロディアスでビビットなTrance系リード・シンセが迸り、Romeo Sorokaのスムースな歌声が実に心地良い。
アッパー感だけのダンス・ミュージックとは違い、EBMライクなグルービーさを忍ばせたり、哀愁系Synth-Pop系の美メロが実に秀逸だ。
Skyqodeは、ロシアのレーベルだが、Future-PopユニットMental DisciplineやElectro-GothユニットPurple Fog Sideといった良質の作品を手掛ける最注目のレーベルだ。
以前、当ブログでもご紹介したことのあるSystemshockというCyber-Industrial/Synth-Rockの新鋭の最新EP「Cheater」をリリースしたので、こちらも要チェックだ!!

試聴はこちらで。
http://skyqode.bandcamp.com/album/snapped-by-you



Ginger Snap5Snapped By You
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Polaris 05:28(My Favourite Song!
02. Ginger Girl 04:06 
03. Break Me Down 04:16
04. Shadow gHost 05:41 
05. Feel My Rhythm 05:08 
06. Wrong 04:47 
07. Valentine Card 04:47
08. Sail Away! 06:04  
09. My Ocean 07:02
10. Waiting For... 04:48 
11. Trauma Mansion (Feat. Cold In May) 05:35 

 

| Trance/EBM | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

XP8「Adrenochrome」



Marco ViscontiMarko ResurreccionによるTrance/EBMユニットXP8が2年振りとなるオリジナル・アルバム「Adrenochrome」をリリース★
もはや、XP8節とも言えるアッパー感のあるTranceとEBMとの狭間を行くフロア志向の高いサウンドは、最新作「Adrenochrome」でも健在。
EDM/DubstepやTechnoのテイストを存分に盛り込み、グルービー且つソリッドなエレクトロ・サウンドを展開する。
それでいて、メロディ・ラインは肉感的且つ暴力的とも言えるEBM路線を行き、インダストリアル・ファンに訴求する硬派な内容だ。
また、フェイバリット・ソングに挙げた「Night Run」や「Hostages」たりは、Future-Popファンをターゲットにしたキャッチーなトラックだ。
決して、期待を裏切らないXP8最新作「Adrenochrome」。
更なる進化を遂げたXP8の姿を確認できるだろう。

試聴はこちらで。
http://officialxp8.bandcamp.com/album/adrenochrome



XP8Adrenochrome
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Awakenings 05:21
02. Camden Town 04:47
03. Getaway 04:49
04. Information 04:16
05. Night Run 04:57(My Favourite Song!)  
06. Beyond The Looking Glass 04:39
07. Going Underground 04:55
08. Hunters 04:54
09. Hostages 04:46
10. Showdown 05:13
11. Inside Their Heads 05:22 

| Trance/EBM | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0) |

| 1/1PAGES |