Industrial/EBM/Electro/Dark-Electro/Electro-Goth/Industrial-Metal/Industrial-Rock/Future-pop/Synth-Pop/Trip-Hopといった世界中のアングラ・マニアックなサウンドをご紹介する暗黒日記でございます。
The Clockwork Dolls「When Banners Fall」



The Clockwork Dollsの奏でる音世界・・・・・そのサウンド・キーワードを求めるならば、Steampunk、Neo Victorian、Neo Classical、Darkwaveといった言葉が浮かび上がってくるだろう。
オーケストラを多用したシアトリカルな音世界は、メランコリーでドラマティックな展開を見せ、Colette
Lovelace
嬢とTrinket Bramage嬢によるオペラティックでハーモナイズな歌声が物語を紡ぐ。
Christopher Bassの奏でるギターの旋律も、哀愁感を漂わせる効果的な演出として体感出来るだろう。
それは、サウンドトラック的作風であり、Ambientなテイストすら感じる事の出来るリラクゼーション・ミュージックとしても堪能出来るだろう。
また、ラスト・トラック「When Banners Fall Instrumental Suite」という28分という大作にも注目したい。
Emilie Autumnあたりが好きな方は、是非、一度は聴いて頂きたい作品だ。

Allison Curval - Keyboards, Guitar, Composition, Programing, Recording & Studio Production
Christopher Bass - Guitar
Colette Lovelace - Vocals
Trinket Bramage - Vocals

試聴はこちら。
http://theclockworkdolls.bandcamp.com/



The Clockwork DollsWhen Banners Fall
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. The Great Crusade 02:04
02. Flyboy 07:08(My Favourite Song!)  
03. This Poignant Hour 02:54 
04. Hold The Line 06:14 
05. May 8, 1945 03:45
06. When Banners Fall 07:10
07. The Band Played Waltzing Matilda (Eric Bogle Cover) 05:43
08. When Banners Fall Instrumental Suite 28:36


2013.09.08 Sunday 00:01
Steampunk/Neo Classical comments(0)




オススメCD
amazon.co.jp
Amazon
bloodline242
All images and music are copyrighted by their respective copyright owners.