| main |

Theodor Bastard「Vetvi」

author : bloodline242 | 2015.06.29 Monday


Russian Trip-Hop/DarkwaveユニットTheodor Bastardが、前作「Oikoumene」より、約3年ぶりとなる最新アルバム「Vetvi」をリリース☆
Trip-Hop/Darkwave/Ritual/Down-Tempo/Ambient/Gothic/New Ageと言った音楽的なカテゴリーに捕われず、エクレクティックでミスティカルな幻想歌を展開するTheodor Bastard
民族楽器を多用し、エスニックなサウンド・メイクと、孤高の実力派ボーカリストYana Veva嬢の変幻自在な歌唱力がファンタジック且つドラマティックな音世界を構築する。
クレジットを見ると、今回も多くのゲスト・ミュージシャンが参加し、玄妙なる幻想的世界観を実に緻密且つ繊細に表現している。
それにしても、Yana Veva嬢のボーカリストとしてのカリスマティックな存在感はどうであろうか。
ビョークのように、世界的規模で評価されてもいい程の異彩を放つディーバだ。
2015年ベスト・アルバム入り決定の傑作「Vetvi」、是非、お聴きあれ!!!!

Yana Veva – vocals, morin khuur, synths
Fedor Svolotch – guitars, horns, war drums, daf, dulcimer, percussion, vargans
Alexey Kalinovskiy – hurdy-gurdy, keyboards
Andy Vladych – drums
Kusas – didgeridoo, davul, cajon, metallophone, shakers
Namgar Lhasaranova – additional vocals
Vadim Sergeev – guitars, ukulele, bass
Filipp Barskiy – harp, santur
Natalia Nazarova – prepared cello
Olga Glazova – gusli
Mariya Broccoli – bone flute
Gulya Naumova – siberian violin
Kirill Serov – djun-djun
Pavel Paukov – bass
Vasil' Davletshin – additional bass
Pavel Hrabrov – additional bass
Alexander Platonov (The Early Music Ensemble of the Peasants) – vocal

試聴はこちらで。

http://theodorbastard.bandcamp.com/album/vetvi



Theodor BastardVetvi
★★★★★(★・・・5点満点)

01.Umbraya Erze
02.Vetvi(My Favourite Song!)
03.Salameika
04.Kukushka
05.Aion
06.Niti
07.Veter (ft Namgar)
08.Yaard
09.Beliy Gorod
10.Kolodec





| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Geodesique「Eighty-Eight」&「Smoke」

author : bloodline242 | 2013.02.08 Friday



Zoe SaktiLala FairshadowOni SaktiによるDowmtempo/Trip-Hop/DarkwaveユニットGeodesiqueが最新EP「Eighty-Eight」と「Smoke」をShinto Recordsより2枚同時リリースした★
Lala Fairshadow嬢の妖艶さと透明感を持ち合わせた歌声を中心に繰り広げられる、クーリッシュなDowmtempo/Trip-Hop/Darkwaveサウンド。
触れると心地よい冷たさが伝わる、そんな音色によって構成された、どこか翳のある音像は、心の疲れを癒してくれるスピチュアルなBGMとなってくれるだろう。
霊験な空気感漂う聖なるエレクトロ・サウンドと、GauzyなLala Fairshadow嬢の声音が枯淡な色彩を持って広がっていく。
さぁー、衣を正し、粛々と聴こうではないか。
Geodesique最新EP「Eighty-Eight」と「Smoke」を。

Lala Fairshadow - Vocals, Additional Keyboard
Zoe Sakti - Keyboards, Drum Programming, Bass
Oni Sakti - Keyboards, Drum Programming, Sounds, Effects

試聴はこちらで。
http://www.reverbnation.com/Geodesic/



GeodesiqueEighty-Eight
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Burn
02. Eyes In Water(My Favourite Song!)   
03. Bear
04. Dead Like Me
05. Milk Heist
06. Boy





GeodesiqueSmoke
★★★☆☆(★・・・5点満点)

01. Prometheus (Smoke Part 1)
02. Aurelian (Smoke Part 2)
03. Sines of Ascent (Smoke Part 3)(My Favourite Song!)
04. Unavoidable (Smoke Part 4)
05. Untamed Menagerie (Smoke Part 5)

| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Delerium「Music Box Opera」

author : bloodline242 | 2013.01.29 Tuesday



6年振りの最新作「Music Box Opera」をリリースしたFront Line Assemblyサイド・プロジェクトDelerium
1997年にリリースした「Karma」以降、セールス的にも大成功を収めた事もあり、Kristy Thirskを初め、数多くの美声の女性ボーカリストをフィーチャリングし、Trip-Hop/Dowmtempo/Ambient/Etherealなサウンド・メイクで作品をリリースしているわけだが、本作「Music Box Opera」でもその軸は全くブレることなく踏襲されている。
さすがに、大傑作「Karma」のような、神秘のベールに包まれた人外魔境の密林の奥で奏でられるかのごとき、深淵の幽玄美のようなものはあまり感じない。
しかし、やはりそこはDelerium節とも言える、独特の透明感と浮遊感を感じさせる幻想的なエレクトロ・サウンドで、美しい歌姫たちのエンジェリック・ボイスと共に、存分に堪能させてくれる。
初の試みとして、今回、先行シングルとなった「Days Turn Into Nights」にて、男性ボーカリストMichael Logenを起用している点にも注目したい。
ボーナス・トラックとして、Sixpence None the RicherLeigh Nashをフィーチャリングした「Still Kill」や、Deleriumファンにはお馴染みのKristy Thirskをフィーチャリングした「Lock Down」を収録。
決してハズレることのない、高い水準での安定感を誇るDelerium最新作「Music Box Opera」☆
一時の清涼剤として聴いてみてはいかが。

Bill Leeb (founder, writer, producer)
Michael Balch ( co-founder, co-writer co-producer)
Rhys Fulber (co-writer, co-producer)
Chris Peterson (co-producer)

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/delerium



DeleriumMusic Box Opera
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Consciousness Of Love (feat. Stef Lang) 
02. Monarch (feat. Nadina)(My Favourite Song!
03. Days Turn Into Nights (feat. Michael Logen) 
04. Chrysalis Heart (feat. Stef Lang) 
05. Light Your Light (feat. Jaël) 
06. Raindown 
07. Sky (Tears From Heaven) (feat. Kristy Thirsk) 
08. Hammer (feat. Leona Naess) 
09. Awakening (feat. Nadina) 
10. Frostbite (feat. Anna-Lynne Williams) 
11. Keyless Door (feat. Azure Ray) 
12. Music Box Opera 
13. Lock Down (feat. Kristy Thirsk) 
14. Still Kill (feat. Leigh Nash) 



| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Cindergarden「Lunar Phases Winter Solstice EP」

author : bloodline242 | 2013.01.10 Thursday



Jaymie Valentine嬢によるWitchy ElectronicプロジェクトCindergardenが最新作「Lunar Phases Winter Solstice EP」をLooking Glass Recordsよりリリース★
「月の満ち欠け : 冬至」とタイトル付けされた最新EP。
3曲だけなのに、この聴き応えはどうだろう。
漆黒の空に浮かぶ冬の月夜が描く幻想野・・・・・。
白い聖衣を纏ったJaymie Valentine嬢が、美しいエンジェリック・ボイスとメランコリックなロー・ボイスを駆使し、幻想野の中でワルツを踊る。
バックを埋めるサウンドは、Experimental/Noise/Dream-Pop/Trip-Hop/IDM/Electronicaによって構築されたミステリアスでダーク・ファンタジックな音像。
Cindergardenから届けられたウィンター・ギフト「Lunar Phases Winter Solstice EP」。
冬の息吹が感じられる素敵な作品だ。
また、PV「Lunar Phases」の出来が実に秀逸なので、ぜひ、ご視聴あれ!!

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/cindergarden



CindergardenLunar Phases Winter Solstice EP
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Black Hole Sun
02. Lunar Phases(My Favourite Song!)      
03. Everybody Knoes



| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Gazelle Twin「The Entire City」

author : bloodline242 | 2013.01.01 Tuesday



それは、光の光芒がほんの僅か射し込む深い森の奥・・・・・。
冷厳たる歌声を操る言霊士Elizabeth Walling嬢・・・・・。
Anti-Ghost Moon Ray RecordsよりリリースされたGazelle Twinの最新アルバム「The Entire City」は、そんな粛然としたサウンドスケープが特徴的な作品だ。
Trip-Hop/Down-Tempo/Ambientによるミステリアスな空気感と、Elizabeth Walling嬢の凛とした幻想的な歌声が霧のように全てを包み込む。
DeleriumBjorkの音楽性を足して2で割ったような、そんな実験的且つ厳かなエレクトロ・サウンドは、きっと貴方の魂の奥底まで忍び込んでくるだろう。
さぁー、その歌声に誘(いざな)われるままに、森の奥へ奥へと歩いて行こう。
きっと、その先には幻の桃源郷(シャングリラ)が広がっている。

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/gazelletwin

 

Gazelle TwinThe Entire City
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. The Entire City
02. Concrete Mother
03. Men Like Gods(My Favourite Song!
04. I Am Shell I Am Bone
05. Far From Home
06. Changelings
07. Bell Tower
08. When I Was Otherwise
09. Obelisk
10. Nest
11. Fight-or-flight
12. View Of A Mountain
13. Abandon (Bonus Track)

| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Dark Orange「Horizont」

author : bloodline242 | 2012.11.18 Sunday



なんて美しい音楽なのだろう。
心が洗われるかのようだ。
1990初頭より活動しているGerman Darkwave/ShoegazerバンドDark Orangeが、最新作「Horizont」をKalinkalandよりリリース☆
リバーヴを効かせたAtmosphericなギター・サウンドと、Katrin-Elna嬢の浮遊感と透明感を伴ったHeavenly Voicesが奏でる至高の音像。
Darkwave特有のメランコリックな雰囲気も醸し出しつつ、Trip-Hop/Eternalサウンドによる荘厳な空気感がリスナーをそっと優しく抱きしめてくれるだろう。
そう。
淡い光に包まれた幻想的な音世界は、聴く者に得も言えぬ安らぎと癒しを分け隔てなく与えてくれるだろう。
また、CD.2では、ChandeenHarald LowyAnd Also The TreesGirls Under GlassAxel Ermesらといった大物アーティストによるRemixバージョンを堪能する事が出来る。
Cocteau TwinsChandeenあたりが好きな方は、是非是非、体感して戴きたい。

Katrin-Elna - lyrics and vocals
Dirk Odu - guitars and arrangements
Brigadier Wolff - sounds and programming
Steven Burrows - Bass

試聴はこちら。
www.myspace.com/darkorange



Dark OrangeHorizont
★★★★☆(★・・・5点満点)

Tracklisting
Disc 1
01. Unter dem Schnee
02. Butterflies(My Favourite Song!
03. Irgendwo im Nirgendwo
04. Nebel Zieht
05. Heller Schein
06. Dagger
07. Horizont
08. Flieg mit Mir
09. Halt Mich Auf
10. Auf Hoher See
11. Traumwandler

Disc 2 - Album Interpretations
01. Unter dem Schnee (by Harald Lowy of CHANDEEN)
02. Butterflies (by Robin Guthrie of THE COCTEAU TWINS)
03. Heller Schein (by MALORY featuring XIRIUS POLAR CLUB)
04. Irgendwo im Nirgendwo (by Mark Tibenham of AND ALSO THE TREES)
05. Flieg mit Mir (by Emer Brizzolara of AND ALSO THE TREES)
06. Traumwandler (by Ricardo Hoffmann of SALINE GRACE)
07. Halt Mich Auf (by FOKER ALBERTS)
08. Auf Hoher See (by Axel Ermes of GIRLS UNDER GLASS)
09. Unter dem Schnee (by Daniel Lopez Quiroga of MELLONTA TAUTA)
10. Butterflies (by LISA CUTHBERT)
11. Irgendwo im Nirgendwo (by MORFEO SPEAKS)



| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Porcelaintoy「Contrite Elegant Rebel」

author : bloodline242 | 2012.11.11 Sunday



ニュージーランド発、Elizabeth M de la Rey嬢(vocals/guitar/piano)とEmile de la Rey(electronics)による男女デュオPorcelaintoy最新作「Contrite Elegant Rebel」(2011年リリース作品)をご紹介★
Trip-hop/Down-tempo/Industrial/Neo-Folkなサウンドを軸に、メランコリーな色彩の音像を描き出す。
グリッチ・ノイズやオーケストレーションを交え、ジャズ、カントリー、キャバレーといったエッセンスを加え、頽廃的且つ耽美的な音世界を展開する。
特筆すべきは、類まれな美貌を誇る妖艶な歌姫Elizabeth M de la Rey嬢の歌声だろう。
ムーディーでシネマティックな世界観を、その卓抜した歌唱力で妖しく語り継ぐ魔性のディーバ。
PorcelaintoyContrite Elegant Rebel」・・・・・美しき夢魔が奏でる12の子守唄。
抱(いだ)かれて、眠るがいい。

Elizabeth M de la Rey ; vocals, guitars, mandolin, composition, Piano,dance
Emile de la Rey : synths, beats, arrangement, mixing, production, Piano

試聴はこちらで。
http://www.facebook.com/porcelaintoymusic



PorcelaintoyContrite Elegant Rebel
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Jack 05:41  
02. Broken 04:50(My Favourite Song!)   
03. What we love 05:25  
04. You're the water 03:46
05. Motion on the wall 05:17
06. Tangle up 04:34 
07. Newborn 04:14 
08. Didn't sell 03:01  
09. Cupid's wink 03:29   
10. Feeling so good 05:06 
11. Monsters 03:43  
12. Piece by piece 04:46 

| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Theodor Bastard「Oikoumene」

author : bloodline242 | 2012.09.20 Thursday



ロシアのエキセントリックTrip-HopユニットTheodor Bastardが最新アルバム「Oikoumene」をTheo recordsよりフリー・タウンロード・アルバムとしてリリース★
コンスタントに作品をリリースし、いずれの作品も高い評価を得ているRussian Trip-HopユニットTheodor Bastardだが、最新作「Oikoumene」では、カルト的人気を誇るブリティッシュ・バンドFun-Da-Mentalや、北インドの撥弦楽器サロッド奏者Rampur Rani、アフリカ音楽にルーツを持つフランス・シンガー・ソングライターJulien Jacobといった異色のアーティストとのコラボが話題となった作品だ。
元々、幻想的なTrip-Hopサウンドを軸に、Etheral、Darkwave、Gothicなテイストを加え、神秘的&呪術的なサウンド・スケープを繰り広げることによって、独特のミステリアスな世界観を構築するTheodor Bastard
しかし、本作「Oikoumene」では、様々な民族楽器を使用し、Tribal/World Music/Ethnicな味付けを加える事によって、インディアン・ミュージックやアフリカン・ミュージックといった異国情緒溢れる作風に仕上がっている。
Yana Veva嬢の歌声も、ロシアのBjörkと異名を付けたくなるような、独特の歌い回しが絶品!!
Theodor Bastard史上、最もカラフルでトリッキーなアルバム「Oikoumene」。
2012年、ベスト・アルバムとして、自身を持って推薦させて戴く。

Fedor Svolotch - guitar, keyboard, programming
Yana Veva - vocal, flutes
Kusas - percussion
Monthy - keyboard
Paul - drums, percussion

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/theodorbastardmusic



Theodor BastardOikoumene
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Takaya Mija
02. Farias
03. Gerda
04. Benga
05. Sagrabat (Diumgo) feat. Julien Jacob
06. Oikoumene(My Favourite Song!)
07. Tapachula
08. Intifadah
09. Clean Kron
10. Sol De Morte
11. Anubis
12. Benga (Fun-Da-Mental version)

| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Stray「Letting Go」

author : bloodline242 | 2012.04.15 Sunday



Unter NullErica Dunhamのサイド・プロジェクトStrayが最新作「Letting Go」をAlfa Matrixよりリリース☆
過激にしてマッドネスな音像を得意とするIndustrial/Harsh EBMユニットUnter Nullとは、まったく違った顔を見せるErica Dunham嬢のプロジェクトStray

- どちらが本当の顔なのだろうか?

そんな素朴な疑問を脳裏に浮かべてしまうほど、完全に逆方向の路線を行くStray
美しいピアノの旋律、浮遊感を伴う幻想的なPad音、ハーフ・ソング&ハーフ・スポークンなボーカル・スタイル・・・・・。
Ambient/Trip-Hop/Shoegaze/Down-Tempoによる、時にメランコリックに、特に甘美に、特にファンタスティックに、スビチュアルな世界観を構築していく。
特に、「Let Me Go」のShoegazeテイストを組した優美なるサウンド・メイクは、もはや"神曲"に値する傑作だ。
悲しみ、憂い、絶望、喪失・・・・・そんなダウナーな感情を卓抜したソングライティングで見事にクール・ビューティーな音世界へ仕立て上げていく。
Unter NullErica Dunhamとは、全く別人格のStrayErica Dunhamが鍛練に紡ぎ出す作品こそ、本作「Letting Go」と言えるのではないだろうか。
ラッシュなシンセ・サウンドが煌びやかに輝く「No Vacancy」なども「Let Me Go」と共に、リード・トラックとしての価値ある一曲だ。
間違いなく、Strayを更なるステータスへと押し上げるマスターピース的な作品「Letting Go」を聴くべし!!

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/stray23



StrayLetting Go
★★★★★(★・・・5点満点)

Tracklisting
01. Surround Me to Passage D
02. Remember Me
03. Let Me Go(My Favourite Song!)
04. The Failure Epiphany
05. Out of Place
06. No Vacancy
07. Low and Lower
08. 31 and Falling
09. All I Wanted
10. Obsolete
11. Miles from Here

| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Nehl Aelin「Le Monde Saha」

author : bloodline242 | 2012.04.07 Saturday



フランスの歌姫Nehl Aelinが最新作「Le Monde Saha」をドイツのDanse Macabreよりリリース★
Gothic/Darkwave/Trip-Hop/Neo Classicalといった要素で構成された至高のサウンド。
美しくも悲哀なピアノの旋律に導かれて幕を開ける本作。
チェロやフルート、ピアノ、アコーディオン、鉄琴のひとつであるグロッケンシュピールなどを巧みに操り、退廃的な影絵の世界を表現するNehl Aelin嬢。
幻想的なエレクトロ・サウンドでより世界観に奥行きを造り込み、特に後半部分で見せるオリエンタル・ムーディーなサウンドは、リスナーの脳裏に現世と乖離した夢寐の音の間を広がらせる。
陰と陽、光と闇、美と醜・・・・・相反する二つの要素が存在するスケールの大きさを感じさせる。
Nehl Aelin嬢の歌唱力も非凡なものであり、特に「La Voie Du Milieu 」では沖縄民謡のような東洋的音階による非常に難しい歌い回しのトラックを難なく歌いこなしている。
なんとなく"矢野顕子"と思い起こさせる独特の歌唱法。
さらには、「Hojo Takeka」、「Yo Tiende Sona」、「Syrens' Gate」で見せる心胆寒からしめる呪術的な東洋ソングによって、音の世界観は無限に広がっていく。
代わって、「N'cha」や「Au Village Pingouin」、「Je Hais Les Araign es」では、コケティッシュな歌声でコミカルに歌う様が実に微笑ましい。
3つの違った世界観を持つコンセプチュアルな「Le Monde Saha」という作品を、稀有なる魔性の歌声でリスナーを魅了するNehl Aelin嬢。
Emilie Autum好きな方は、要チェックのNehl Aelin最新作「Le Monde Saha」だ。

Nehl Aelin : chant, piano, choeurs, programmations electroniques, arrangements, accordeon, glockenspiel, flute, percussions

試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/nehlaelin



Nehl AelinLe Monde Saha
★★★★★(★・・・5点満点)

01. So Easy 04:49(My Favourite Song!)
02. Overdrive 04:15
03. Striking The Strings 04:56
04. Dell 07:40
05. Au del du Mont Minobu 02:43
06. Les Fleurs De Mandara 06:39
07. La Voie Du Milieu 06:09
08. Hojo Takeka 04:45
09. Yo Tiende Sona 05:33
10. Syrens' Gate 05:04
11. N'cha 02:49
12. Au Village Pingouin 05:20
13. Je Hais Les Araign es 03:48

| Trip-Hop/New Age | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/6PAGES | >>

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

amazon.co.jp

Amazon

bloodline242

All images and music are copyrighted by their respective copyright owners.

モバイル

qrcode

PROFILE

SPONSORED LINKS