| main |

Day Twelve「Fin」

author : bloodline242 | 2016.02.22 Monday


Mari Kattman嬢とMatt EchoによるElectronic/Trip-HopユニットDay Twelveが、最新アルバム「Fin」をリリース★
凛とした美しい歌声が印象的なMari Kattman嬢と、コンポーザーMatt Echoとの男女二人組ユニット。
毒気のあるEBM/IDMテイストのトラックから、流麗なMari Kattman嬢の歌声が際立つピアノの旋律が美しいTrip-Hop/Down-Tempoなトラックまで色彩いろいろ。
「Monster」などでは、アッパー感のあるアグレッシブななダンス・チューンに仕上がっており、まさに五感全てを刺激する魔性の作品と言えるのではないか。
Remix陣にも注目だ。
Future-Pop界の大物アーティストであるNeuroticfishやAssemblage 23、ベルギーのAlfa Matrix所属のElectroユニットPsyAviah、Dark-Electro界からはKult of Redが参戦。
冷ややかでありつつ、エモーショナルな熱を帯びた珠玉の楽曲群によるDay Twelve最新作「Fin」★
ファンタスティック!!!!!

試聴はこちらで。
http://daytwelve.bandcamp.com/album/fin



Day Twelve「Fin」
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Blu Print 04:46(My Favourite Song!)
02. Move 04:37
03. The Basement 04:41
04. Monster 04:44
05. Lie In Wait 04:06
06. Sky Punch (Alt Mix) 04:21
07. Move (Still Mix) 04:08
08. Lie In Wait (IIOIOIOII Remix) 04:49
09. Move (Neuroticfish Remix) 04:56
10. Sky Punch (Assemblage 23 Remix) 05:27
11. Sky Punch (Machines On Blast Remix) 04:53
12. Sky Punch (NoC Remix) 04:07
13. Sky Punch (Zeitfaktor Remix) 05:01
14. The Basement (Kult of Red Pyramid) 04:02
15. The Basement (PsyAviah Remix) 03:37

| Trip-Hop | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Science and the Beat「Future Blue」

author : bloodline242 | 2015.09.24 Thursday


Rob ZillaTasha Katrine嬢のMore Machine Than Manコンビが贈る新プロジェクトScience and the Beatが、待望のデビュー・アルバム「Future Blue」をリリース☆
アグレッシブでエロティックなIndustrial-Rock/Electro-PunkなMore Machine Than Manとは真逆の、Trip-Hop/Downtempo/Electronica/Synth-Pop系のサウンド・メイクでリスナーを"ゆるりゆるり"と酔わす。
Tasha Katrine嬢の艶やかな歌声も、より清廉且つ情感に敏感なアダルティーな響きを持つ。
More Machine Than Manとは、本当に全く違ったアプローチで新たな魅力を魅せつけるRob ZillaTasha Katrine嬢のミュージシャンとしての才気に敬服。
素晴らしい!!!!

試聴はこちらで。
http://scienceandthebeat.bandcamp.com/album/future-blue



Science and the BeatFuture Blue
★★★★★(★・・・5点満点)

01. Falling Out  03:43  
02. Mean Streak  03:54(My Favourite Song!)    
03. Never Letting Go  03:03  
04. Take It Back  04:30  
05. Last Call  03:24  
06. Anybody Listening?  03:46  
07. I'm Crazy  03:33  
08. The Devil  03:53  
09. Sorry  03:20 

| Trip-Hop | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

The Shattered Grey「Purgatorio」

author : bloodline242 | 2014.12.27 Saturday



US発、 Trip-Hop/Indietronica/AmbientユニットThe Shattered Greyが最新アルバムとなる「Purgatorio」をリリース★
それは、曇天模様の空のごとく、グレーな色彩のTrip-Hop/Indietronica/Downtempoな音世界と、囁くような男性ボーカルが宙空を漂う。
メロディを紡ぐアコースティック・ギターの音色以外は、ユラユラと揺らぐ蜃気楼のごとく、姿形がハッキリとしないモノトーンの世界観が支配する。
淡々と、
鬱々と、
緩々と、
広がる。
暗い余情と共に。
刺激物系が苦手な方は是非、このThe Shattered Greyが描く音世界「Purgatorio」に足を踏み入れて頂きたい。

試聴はこちらで。
http://theshatteredgrey.bandcamp.com/



The Shattered GreyPurgatorio
★★★☆☆(★・・・5点満点)

01. Falling 03:45
02. Count The Time 04:52
03. Purgatorio 04:25(My Favourite Song!)
04. Tide 03:58
05. Anything At All 04:30
06. Aloud 03:48
07. Keepsake 04:45
08. Halfway Home 02:42
09. Missing Pieces 04:48
10. Long Way Down 04:45
11. How We Love 03:40
12. Light 04:33
13. Oscillatory Stories 04:51
14. Square One 03:46
15. Slow Whispers 02:54
16. Reach Out 03:16
17. Perpetual Light (with Van Doren Lee)

| Trip-Hop | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Tying Tiffany「Drop」

author : bloodline242 | 2014.03.13 Thursday



TrisolよりリリースされたTying Tiffanyの最新作「Drop」★
モデル業もこなす才色兼備な歌姫Tying Tiffany
仄暗い音世界は健在ながら、前作までのギターを用いたメランコリックなDarkwave/Gothic-Rock的なアプローチは若干控え目に。
代わって、Ambient/Trip-Hop/Down-Tempoによる冷淡でアトモスフェリックなエレクトロ・サウンドが全体を支配する。
ガーリーで官能的なTying Tiffanyの歌声が、幻想的なエレクトロ・サウンド上で妖艶に踊る。
アルバムも5作目となり、よりストイックに昇華され、ミステリアスでスタイリッシュな音世界を魅せつける。
このクーリッシュでダウナーなエレクトロ・サウンドに、ただ"ゆらりゆらり"と耽溺★

Facebookはこちら。
https://www.facebook.com/tyingtiffanyofficial



Tying TiffanyDrop
★★★★★(★・・・5点満点)

Tracklisting
01. One Place
02. Spin Around
03. A Lone Boy(My Favourite Song!)
04. One Second
05. Neon Paradise
06. One Girl
07. Deep Blue River
08. No Way Out
09. One End
10. Dissolve

| Trip-Hop | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

The Synthetic Dream Foundation「Where Drowned Suns Still Glimmer」

author : bloodline242 | 2013.09.20 Friday



Brett Branningによるソロ・プロジェクトThe Synthetic Dream Foundationが待望の最新作「Where Drowned Suns Still Glimmer」をmythical recordsよりリリース★
ダーク・ファンタジーなアルバム・ジャケットの世界観そのままに、美しい歌声を操る4名の歌姫を起用し、実にドラマティックな音世界で魅了する本作。
Neo Classcal/Trip-Hop/EBM/Industrial/Dark Ambientといった多ジャンルのエレメントを、Brett Branningが見事なまでの手腕で紡いだ壮大な物語、それが「Where Drowned Suns Still Glimmer」という作品だ。
瞳を閉じれば、剣と魔法のファンタスティックな音像が脳裏に浮かび上がる。
個人的には、オペラティックな歌唱力の持ち主Susan Siren嬢をフィーチャリングした「Withering Resolve」、「Widow's Walk」の2トラックがお気に入り。
今、異世界の扉が開かれる。

試聴はこちら。
http://mythicalrecords.bandcamp.com/album/where-drowned-suns-still-glimmer



The Synthetic Dream FoundationWhere Drowned Suns Still Glimmer
★★★★☆(★・・・5点満点)

01. Wings (feat. Aliyah Davis) 04:58 
02. Medusa's Lair 03:18 
03. Forever More (feat. Lauren Krothe) 03:57   
04. Summoning her Iron Golem 04:52 
05. Tempus Edax Rerum (feat. Summer Bowman) 04:24  
06. Deeper Beyond the Machines 04:02  
07. Withering Resolve (feat. Susan Siren) 05:06 (My Favourite Song!)
08. Cerce's Armoured Owls 03:43 
09. Widow's Walk (feat. Susan Siren) 03:41  

| Trip-Hop | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

No:Carrier「Between The Chairs」

author : bloodline242 | 2011.05.25 Wednesday



Cynthia WechselbergerChristian Wirsigによる男女二人組ユニットNo:Carrierが約9年振りとなる最新アルバム「Between The Chairs」をElectric Heresyよりリリース☆
前作「My Own Dream」では、EBM、Electro、Synth-Pop、Darkwave、Electro-Gothといったテイストを感じさせるサウンドではあったが、本作「Between The Chairs」ではEBM、Electroといった要素を排し、Trip-Hop、Downtempoといった静謐なサウンドスケープを構築する音楽性を導入。
時に優しく、時に物憂く、時に爽やかに、時に冷ややかに・・・・・。
前作では、男女混合ボーカルというスタイルだったが、本作では、完全にCynthia Wechselberger嬢オンリーのボーカル・スタイルに落ち着いている。
メロディの美しさが際立つNo:Carrier最新作「Between The Chairs」、それはあまりにも幻想的で優美だ。。。

HPはこちら。
http://www.nocarrier.eu/index.html



No:CarrierBetween The Chairs
★★★☆☆(★・・・5点満点)

01. Casting the First Stone
02. Inside My Brain
03. New Breed
04. The Way You Laughed
05. By My Side
06. Pictures and the Drums
07. Perfectly Safe
08. The Turning Point
09. Jerusalem Upon Your Palm
10. Sin of Regret(My Favourite Song!)
11. Cask of Wonders
12. High
13. Sunday Morning
14. Run

| Trip-Hop | 00:01 | comments(0) | trackbacks(0)

Post Death Soundtrack「Music As Weaponry」

author : bloodline242 | 2008.11.12 Wednesday


カナダのインダストリアル・バンドといえば、真っ先に思い出すのが、Skinny Puppyだろう。
そのカナダより、Skinny Puppyライクの音触りを持ち、さらにAlternative Rockなテイストを盛り込んだIndustrialバンドPost Death Soundtrackが、デビュー・アルバム「Music As Weaponry」をリリースした。
Weaving Industrial、Trip-Hop、Experimental、Alternative Rockといった様々な音楽性を貪欲に吸収し、実験性の高いIndustrial Soundを展開する。
ズブズブと落ち込んでいくような、ダウナーな絶望ソングから、気が触れたかのような発狂ソングまで、バリエイションは豊か。

陰鬱で・・・・・・・

恐怖に彩られた・・・・・・

死の音像が・・・・・・・・

禍々しく鳴り響く。。。


試聴はこちらで。
http://www.myspace.com/postdeathsoundtrack



Post Death SoundtrackMusic As Weaponry
★★★☆☆(★・・・5点満点)

1 Axe of Fiction
2 Decentralize
3 The Preemptive Art
4 Life Gone Solitary
5 Long Cold Night
6 War Song
7 Euchreist(Striking First & Hardest)( My Favourite Song!
8 We're Going Hunting
9 Simulatuon & Simulacra
10 Killing Time
11 Serenade
12 Fingerprints
13 Hegemonic Bastards Network (Hbn)
14 I'll Meet You At the End
| Trip-Hop | 00:03 | comments(0) | trackbacks(0)
| 1/1PAGES |

CATEGORIES

ARCHIVES

RECENT COMMENT

RECENT TRACKBACK

amazon.co.jp

Amazon

bloodline242

All images and music are copyrighted by their respective copyright owners.

モバイル

qrcode

PROFILE

SPONSORED LINKS